野菜ジュース

健康のために野菜ジュースを飲んでいる方も多いと思います。あの少ない量で沢山の野菜の栄養成分を摂取できるとあって、健康志向の方からも注目されております。野菜の高騰などもあり、リーズナブルかつ手軽に野菜を摂取することができますので、食生活が乱れている方にとっては最適かも知れません。しかし、野菜ジュースと野菜の違いをしっかりと理解しておかないと、根本的な解決には至らないかも知れません。

野菜ジュースと野菜の最も大きな違いは、ずばり食物繊維の量です。野菜ジュースは、喉越しを良くするために、不要性食物繊維が取り除かれております。そのため、普通に野菜を食べるよりも食物繊維の量が圧倒的に足りなくなっているのです。また、野菜ジュースの中には、飲みやすくするために果物が入っているものがあります。そういった野菜ジュースを飲むと血糖値が上がりやすいといったリスクがあります。野菜ジュースを飲みすぎてしまうと、糖尿病になりやすいといったリスクもありますので十分に注意しなければいけません。

また、野菜を食べる時と違って、野菜ジュースは噛みませんので、噛む時に生じる消化酵素や唾液などの分泌がありません。そのため、本来の野菜を食べることで得られる血流を改善する効果が期待できないのです。