自分の食事を省みる

野菜を食べて栄養バランスのとれた食生活を実現するためには、最初に現在の食生活を省みることが重要になります。現在の食生活から全てを変えることは、とても労力を必要とすることですし、食事をするという行為そのものがストレスになってしまうリスクがあります。まずは、現時点の食生活を基本にし、問題点を明確にした上で、変えられるところから変えるようにするのが、栄養バランスのとれた食生活を実現するコツになります。

栄養バランスのとれた食生活が出来ていない方は、それぞれ食べ方にクセがある傾向があります。例えばラーメンや大盛りのご飯、パスタなどの炭水化物でお腹をいっぱいにし、副菜や汁物などは少量といった場合や好き嫌いが多い、食べるメニューのバリエーションが少ないような方が多い傾向にあります。そういった方の場合には、ひとつのメニューを決める時に、それぞれの量の調整をすることが重要になります。

大好きなメニューを食べすぎないように量を調整し、野菜などを摂取することができるメニューを増やすことによって、食事自体の量は減らさずに、栄養バランスのとれた食生活を実現することができます。ダイエットメニューとは違い、空腹感がありませんので、誰でも栄養バランスのとれた食生活を実現することができます。